*All archives* |  *Admin*

愚民向け世論操作マニュアル
先日、国民の意識に「原発安全神話」を刷り込むべく作られた、
メディア用の「原発推進世論操作マニュアル」があることを知った。



①不美人でも長所をほめれば美人になる。
  原子力はもともと美人なのだからその美しさを嫌みなく引き出す努力がいる。

②新聞記事も、読者は3日すれば忘れる。
  繰り返し書くことによって、刷り込み効果が出る。

③電力会社や関連機関の広告に必ず「3分の1は原子力」を入れる。
  いやでも頭に残っていく。

④停電は困るが原子力は嫌だ、という虫のいいことをいっているのが、
  大衆であることを忘れないように。

⑤ドラマの中に、抵抗の少ない形で原子力を織り込んでいく。
  原子力関連企業で働く人間が登場するといったものでもよい。

⑥原子力に好意的な文化人を常に抱えていて、
  何かの時にコメンテーターとしてマスコミに推薦できるようにしておく。

⑦教科書の原子力の記述について、厳しくチェックし、文部省の検定に反映させるべきである。
  その存在意義をもっと高く評価してもらえるように働きかけるべきだ。



当時の(1996年)科学技術庁が、経済産業省文部科学省所管の
財団法人「日本原子力文化振興財団」に委託して作らせた非公式の冊子のようだが、
愚民の私は、今の今まで、あのアドルフ・ヒトラーが用いたような刷り込み技法で、
ずーーっと、電力会社とマスコミに安全神話を刷り込みされて、騙され続けてきたのだろう。

今回たまたま目にしただけだが、原発に限らず、
他にも上記のような非公式の「大衆向け世論操作用マニュアル」が
どのぐらい存在しているのだろうか?・・と、考えてしまった。

多分、各省には「愚民用世論操作マニュアル」が溢れかえっており、
我々が知らないだけで国民に対する「刷り込み心理操作専門部署」もあるのだろう。
原子力村伏魔殿であることからも判断できるように・・。


近所の奥さんが、バカの一つ覚えみたいに節電!節電!とお題目のように唱えながら、
節電に励み過ぎて熱中症になった。幸い命は助かったが、彼女も愚民の一人であろうか・・。




彼のアドルフ・ヒトラーが次のような言葉を残している。

大衆の受容能力は非常に限られており、
理解力は小さいが、そのかわりに忘却力は大きい。
宣伝に学術的な留保や多様性を与えようとするのは間違いである。
要点を絞り、スローガン化して、継続的に繰り替えさねばならない。



意識して嘘を重ねて当然に立派な大人になっていくんだ 
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

tag : 原発安全神話 原発推進世論操作マニュアル 科学技術庁 経済産業省 文部科学省 日本原子力文化振興財団 アドルフ・ヒトラー 原子力村 伏魔殿 心理操作専門部署

Secret
(非公開コメント受付不可)

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ