*All archives* |  *Admin*

老いて死を迎えることの困難さ
その昔、一般人には浄土思想を説いた或る日本人の高僧が、
自分の死と向き合わねばならなくなったとき、
本当に浄土はあるのか?と疑いを抱くようになり、
「浄土はある?」「いやそんな場所はない?」という
二つの問いの狭間で屈強な精神が動揺し、
結局は答えの出ないままに狂ってしまった。
と聞いたことがある。

宗教とは人間の能力や自然をも超越した存在の観念論であり、
厳しい修業を積んだ宗教家といえども、
来世(らいせ)については形而上学的にしか語れないものなのだろう・・。

また、いつも患者の死と向き合っていた或る老いた内科医が、
やはり自分の死と向き合わねばならなくなったときには大いに動揺し、
「まだ死にたくない!」と叫びながら亡くなった・・と聞いたこともある。


宗教家ではないが、精神科医であり、
サナトロジーの世界的権威であるエリザベス・キューブラー・ロスでさえ、
自分の死と向き合わねばならなくなったとき、
今まで一般人に説いてきた自説をも簡単に覆すかのような発言をしている。


2000年6月5日初版 「平成おとぎ話」 著者 河合隼雄より

彼女は今、何回も脳卒中に襲われて入院中であり、
彼女に対してドイツの新聞シュピーゲルがインタビューを行い発表した記事を、
ノンフィクション作家の柳田邦男さんより送っていただいた。

        ---中略---

柳田さんも書いておられたが、内容はショッキングなものであった。
全体は暗いトーンに包まれており、キューブラ・ロスは孤独であり、
今は誰にも会いたくない、夜になって鳴き声の聞こえてくる
コヨーテや鳥こそが自分の友人だと語る。
死んでいく自分を受容することは、実に難しい。
それには「真実の愛」が必要だが、自分にはそれがない、と彼女は言う。
インタビュアーが、あなたは長い間精神分析を受けたので、
それが役立っているだろうに、と問いかけると、
精神分析は時間と金の無駄であった、とにべもない返答がかえってくる。
彼女の言葉は激しい。自分の仕事、名声、たくさん届けられるファン・レター、
そんなのは何の意味もない。
今、何もできずにいる自分など一銭の価値もない、と言うのだ。
これを読みながら、私の心はだんだん沈んでいった。
キューブラ・ロスほどの人が、と思う。
この頃は、自分の老いや死について考えることが多いので、
死を迎えることの困難さに思い至らざるを得ない。
しかし、この記事だけで、ロスの生き方や人生観についてとやかく言うのも間違っている。
彼女自身もインタビューの中で認めているが、彼女はこのとき抑うつ状態にある。
これを脱したとき、その発言も変わる可能性がある。
死に近づいたとき、相当な人でもその心は揺れるものである。
P107~108


また、エリザベス・キューブラー・ロスは著書「死ぬ瞬間と死後の生
の中で、下記のことを言っている。

私は「死とその過程」を看板にしている女ですから、死ぬことは怖くありません。
でも背後で銃声が聞こえたら、あわててどこかに隠れます。
私のすばやさには、みなさん仰天するでしょう。
そういうのが、高所と大音響に対する自然な恐怖です。
この恐怖があるおかげで、私たちは傷つかずにすんでいるのです。
つまり、文字通り生き延びるためにはこの恐怖が必要なのです。
P99




自分の好きなことをやって死ねば人生に悔いなし・・とよく聞くが、
それは今が健康で生の残り時間を告げられてもいず、
目前の死に向かい合っていないから言える言葉であり、
多くの知識や教養や財産を蓄えていても、やりたいことをやり尽くしたと思っていても、
目の前に迫りくる死に対しては、知識や教養や財産などは何の役にも立たず、
己の死の受容も、今までの生への解答も与えてくれないもののようである。

無知で無能な凡婦である私が、
生からの別れのレッスンノートとして、このブログを初めて早や9か月が経つが、
更新ものんびりまったりで、死の受容までの一歩どころか、まだ一ミリも進んではいない。
それでも老いは待っていてはくれない・・・ことは実感しつつも、
未だ心の或る部分では「死は他者に起きる事件」であり、
自分の身に起こる事象であるとは思ってもいない部分を認めざるを得ない。
きっと、そのときが来たら心は大きく激しく揺れ動き見苦しく死んでいくのだろう。

私は世界的名声を得、サナトロジーの分野での自信に充ち溢れた
エリザベス・キューブラー・ロスの著書も好きだが、老いて病に罹って我がままになり、
「死んでいく自分を受容することは、実に難しい。」と、言い放った、
「故エリザベスばーさん」のほうが人間味が溢れていて好感が持てる。

かげろふが儚く揺るる夕暮れにわたしは静かに永眠(ねむ)ることにする
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごと ジャンル : 日記

tag : サナトロジー エリザベス・キューブラー・ロス 平成おとぎ話 河合隼雄 死ぬ瞬間と死後の生

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: お元気ですか
ひなた様。始めまして。コメント感謝します。
体調は相変わらずですが、何が忙しいのか・・?(^_^;)
書きたいことはたくさんあるのに、
なかなかブログ更新の時間が持てないでいます。
泡末ブログですのに「気持ちの拠り所にさせて頂います。」なんて
お褒め頂くとその辺の穴に入りたい気分です。(^^ゞ
穴と行っても墓穴ではありませんが・・・。(^_^.)
お元気ですか
はじめまして ひなたと申します。偶然此方のブログに出会い、惹き付けられました。最初から読ませて頂きようやく此方まで来ました。猛暑も落ち着き、秋の気配も近づいて来ましたが、体調 崩されていませんか。此方のブログで気づかされる事が多く、気持ちの拠り所にさせて頂います。
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ