*All archives* |  *Admin*

避難指示の解除と同時に賠償を打ち切る安倍政治‥福島の被災者に訴えは十分には届いていない。仮設住宅の中から演説を聞いた男性(85)は「『復興』とかいい事ばっかで、放射線とか都合の悪いことは一切いわない。政治家なんか口ばっかりだ」
fukushima_0001.jpg
Remember311919

「これまでの自民党の主張の中で、国の政策の中に自分の名前を付けた人が誰かいたか。そんな傲岸無礼な人は今まで誰も出なかった」by 不破哲三氏極度のナルシスト、及びサイコパス傾向の人は往々にしてそういう行動をします。#アホノミクス https://t.co/auiXcFHdp1
07-06 16:57

RT @product1954: 《改憲4党「3分の2」に迫る。加えて、非改選の井上・松沢・渡辺氏らが改憲賛成なので「3分の2」超は確実》と日経新聞何ということか…。安倍首相は選挙後、憲法と国会を停止する「緊急事態条項」を必ず発議する。日本の民主政治、最大の危機https…
07-06 17:02

RT @kitahamamikiya: 無関心というか、無関心にされてしまているのです。戦争ゲームをしてる間に、本当の徴兵で戦場に行かされ死んでいくとも知らずに。TVのワイドショーやサスペンスドラマに夢中になってるうちに夫や彼氏や子供や孫が、戦場に行くとも知らず ht…
07-06 17:08

RT @kou_1970: 95歳義母は、今日、期日前投票に行ってきたという。「自民党には入れないわよ、絶対。だって憲法を戦争できるように変えちゃおうって言うんでしょ。アタシたちのように戦争でひどい目にあった年寄りは、安倍さん大嫌い」だそうです。
07-06 17:10

都内の小学校に勤める教諭(39)は昨春、担任する4年生の学級の壁「学級目標」を貼った。「平和を希求するクラス」…ところが6月ごろ副校長から校長の指示として「『平和』という言葉には思想的な部分がある。外してほしい」と言われたという。https://t.co/d4fDYVKmxG
07-06 17:34

イラク戦争支持「対米追随外交だった」山崎拓さん語る:当時は外交政策に対する自民党の発言権が強かったので、自民党本部に米政府の高官がよくやってきて、イラク戦争についての日米防衛協力を求められました。朝日新聞デジタル https://t.co/aUPrYUcN5Y
07-06 17:40

RT @tetsu_molotov: 【大周知希望】『参院選:原発争点にならず 野党統一候補も訴え封印』毎日新聞※→https://t.co/H5NykcN5tX 6/26の記事。九州で「今そこにある危機」が無視される参院選。「今のところ大丈夫」の「今」ほどアテにならぬものはな…
07-06 17:43

RT @dfcup114: @Remember311919 「アベノミクス」なんて、アベ首相がマスコミを脅して広めているに過ぎない。庶民は「アホノミクス」だって、と問題にもしない。関係ないから。
07-06 17:44

RT @tryandloveagain: @Remember311919 民進党は連合なんかとは手を切るべきである。煮え切らない姿勢が支持率低迷に現れていることを理解すべき。第2自民党はいらない。
07-06 17:44

避難指示の解除と同時に賠償を打ち切る安倍政治‥福島の被災者に訴えは十分には届いていない。仮設住宅の中から演説を聞いた男性(85)は「『復興』とかいい事ばっかで、放射線とか都合の悪いことは一切いわない。政治家なんか口ばっかりだ」 https://t.co/aMf80yhOub
07-06 23:31

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



RT @hirota01301: 学級担任のクラス運営には、管理職から介入が少なくない。文科省の上からの「通達」等の徹底に熱心な学校ほど酷い。5段階賃金制の導入によって、子どもを丁寧に見て実践する教員の育成より出世志向の教員養成に重点をおく自民文教政策の結果です! https…
07-06 23:37

関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
にほんブログ村
人気ブログランキング
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、六十路.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ