*All archives* |  *Admin*

嘘つきのパラドックス・・野田総理、米紙に「来夏までに原発再稼働」
近くのスーパーへ行ったら、店に入ってすぐのワゴンにみずみずしそうな梨がサイズ別、
産地別に山積みにされていた。
そこへ、私の横をすり抜けて行った30代と思しき若いママと幼稚園児と思われる女の子が、
早速梨の物色を始めた。
「ママ、この梨が食べたい。」と女の子が選んだ梨を買い物カゴに入れようとしたら、
突然若いママさんが、「キャッ!」と短く叫んで、「それに触っちゃ駄目!」
と慌てて女の子の手から梨を取り返し、
元の場所に戻していた。
女の子が、「どうしてダメなの~?」と訊くと、
ママさんは、「福島県産だから、放射能が付いてるかもしれないのよ!」と答えて、
他の産地の梨をカゴに入れて、別の青果コーナーへ歩いて行った。

そうか・・これが風評被害というものなのね。
と、複雑な思いを胸に、一応はサンプル検査済みでなければ店頭に並ぶはずはないと思い、
私はその福島県産の梨(一袋6個入り398円)を買い物カゴに入れた。

若いママさんには福島県産の梨を買わない選択の自由はある。

ふと、日本中どこでもこのような会話が交わされているのだろうか・・?
と思ってしまった。

下記の風評被害はたまたま?大々的にマスコミ報道されてしまった。

1 放射能汚染を気にして、岩手県陸前高田の景勝地「高田松原」の
なぎ倒された松の使用を止めた京都の五山の送り火。

2 放射能汚染を恐れる人からのメールなどを理由に福岡市内での
出店が中止となった福島県産品店「ふくしま応援ショップ」。

3 「安全性を示すデータはあるのか」といった一部市民の抗議受け
福島製花火打ち上げ中止した愛知県日進市。

私は他にも報道されないだけで、
小さな小さな風評被害やイザコザが日本全国至る所であると思っている。
そして、抗議メールや抗議電話をした数少ない人々を責められないと思う。
いくら花火に放射性物質が含まれていなくても、農産物に限らず福島産と聞いただけで、
原発事故→放射性物質拡散に過剰反応を起こす人もいて当たり前のことだと思う。
それぞれ価値観が違うし、彼らも自分の身を守るのに必死なのだから・・・。

このようなことの原因は、
私にはこの国の政府機能の停滞と怠惰な政治スタンスしか思い浮かばない。
国は暫定基準値という数字のマジックを使い、
農作物はさも安全かのように、検査結果を発表し、
体裁のいいことばかり言っている。いくら私のような愚民でも今の現状を見たら、
誰も政府のことなど信じられないのは当たり前の話しだと思う。


それにしても、遅々として進まない被災地の復旧、復興、原発事故の収束・・・

私は原発事故に関しては、政府発表はなにも信じてはいない。
東電に関しては、原発事故後も、また放射性物質を広範囲に拡散させ、
何の落ち度のない人々の家を故郷を汚染させ流浪の民にしてしまっても、
奢り高ぶる独占企業体質は依然として変わらず、
私には加害者としての反省の色は微塵もみえてこない。
そして、国に守られた独占企業であるがゆえに、
電力の不買運動を起こせないのもくやしい。

我が町も原発事故は対岸の火事ではなくなってきた。
私がよく行く隣町では或る住民が独自に地域の放射能値を計ったら、
暫定基準値以上の放射性物質を含む枯れ葉があちこちで見つかったらしい。
行政もやっと重い腰を上げ、枯れ葉だけは除去したそうだが、
その汚染枯れ葉の行方は公表してはいない。
一企業の危機管理のなさと隠蔽体質と傲慢のせいで、今後何十年も、
東日本の人々は放射性物質汚染の中で生きて行かなければならない
運命を背負わされてしまったのよね・・。

今後子どもを産む人は確実に減り、少子化は加速し、
一番人口の多い団塊世代のほとんどは10~30年後には死に絶える。
それでも、放射性物質を含む汚泥や原発の廃棄物は中間貯蔵施設に溜まり続ける。
今後は札ビラをチラつかせても、
最終処分場を受け容れるモノ好きな自治体などあるわけもなく、
こんなに狭い日本で、核のゴミと共存していかなければならない。

福島とその近辺の地域は三重苦を強いられ、自力で立ち直ろうと思っても、
立ち直れない事態を作りだしているのは、
まさに東電と官僚と無策な現政権そのものである。
前政権(自公)などは自分たちが推進した原発が起こした事故の反省もなしに、
現政権の荒さがしに夢中で、政権奪還しか頭の中にはなく、
余計な口は出すが体は動かさず、早期復旧と復興の足を引っ張り続けている。

彼らは口先だけの政治屋稼業であり、傲慢な企業を擁護し、
政治献金を巧妙な手口でおねだりし、
国民の血税から膨大な歳費を受け取りながらも、
この戦後最大の国難の時期にのうのうと超高級議員宿舎を建設し、
平気で政党助成金を受け取っている。
低所得者層の国民目線から言えば、
政党助成金は被災地の復旧と復興に使うべく辞退するのが筋であり、
今この時期に超高級議員宿舎建設中などと聴くに至っては、
政治家としての前に人としての神経を疑うしかない。

やはり、彼らは口先では国民目線を強調しながらも、
選挙運動中は2枚舌を使い分け、犬を連れて散歩中の平民様は言うに及ばず、
排便中のペットのワンコ様にまで
ペコペコとお辞儀を繰り返してしていたかと思うと、
数日後に当選したとたんにセンセイと呼ばれ、
ふんぞり返る勘違い人間でしかないんだわね・・。

そして、金に目が眩む御用学者も然り、
こんな人たちが夢と希望を持てる社会なんか作れるわけがない。
こういう人たちは、私腹を肥やす為なら、
無辜の民の命とコツコツ築きあげた財産なんて、
なんとも思っていないのが悲しいけれど、これが現実なのか・・と考えると、
否応なくこの国に生まれ、半世紀以上もずーっとこの国で生きるしかなかった
人間の運命(さだめ)だと思って諦めるしかないのだろうか。
私の座右の銘は
「老いては体に無理はかけない・・でも、死ぬまで生きることを諦めない!」
なのに・・・。

嘘つきなパラドックスに騙されてまたパラドックスの罠に陥る
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

tag : 団塊世代 風評被害 東電 放射性物質 暫定基準値 政治献金 超高級議員宿舎 低所得者層 嘘つきなパラドックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ