*All archives* |  *Admin*

四十肩で奇しくもスローライフに
ちょうど一週間前のこと。
明け方に右腕の激痛で目が覚めた。
とにかく右腕全部が千切れるように痛い。(/_;)
これは尋常ではない。もしかして寝ていて骨折?
と思い、
朝一番に家から一番近い総合クリニックへ駆けこんだら、
四十肩腱鞘炎(指先から肩まで)との診断であった。

「60代でも四十肩ですか?先生?」
と訊ねたら「じゃ、六十肩にしときましょう。(^_^;)」と医師。



で・・処方された薬はモーラステープが70枚。
一日一回手の甲から首まで4枚を貼って3日。
やっぱり・・・かゆみからかぶれへと移行。
今は市販の液体状の消炎鎮痛薬を塗っているが、
腕を動かすたびに右上腕部全体に痛みが走る。


私の知り合いも四十肩になり、完全に治るまで約一年もかかったとか・・
私自身は適度な運動(水泳)もしているはずなのに、
なるときはなるのねぇ・・。
それが加齢というものなのかしらねぇ?

それでも、四十肩ごとき(今まではそう思っていた)でも、
とにかく動かせば激痛、のせいで日常生活さえまもともに送れないとは、
我ながら情けないが、
これはなった人にしか判らない痛みで
主婦なので包丁を握らなければならない時が一番辛い。
痛みに耐えながらでは碌な料理もできない。

今までもまともな料理をしてないけど・・。(^_^.)


私個人が考えるには腕を浮かして右手でマウスを握った後も
右腕に激痛が襲うのでマウス病も原因のひとつかな?とも思っている。
とは言っても、毎日パソコンを開く訳でも無し、
開いてもメールチェックだけで終わる日もあり、
腱鞘炎になるほどマウスを握っているつもりはないけれど、
それでも四十肩腱鞘炎になるということは・・・
性格上、貧乏暇なしで、1日中なにかをしていないと気が済まないので、
パソコン以外でもかなり右手を酷使していることになる。

この際、痛みが軽減するまでは貧乏暇なしを返上して、
スローな日々を送らざるを得なくなったわけだが、
診断では治るまでは最短でも半年はかかるらしい。
しばらくは右手でパソコンの操作はできない。
不自由であり、不便このうえないが、これが「老いの定めよ・・」
と自分自身を納得させている。
そして、追い打ちをかけるように医師が言っていた。
次は「腰痛が来ますよ。」と・・・。

というわけで、右利きの私が右手はぶらりと下に下げて、
左手にマウスを持ち替えてキーを叩くのも左手だけ。
右利き視覚でキーボードを見ていたのが急に
左利き視覚にはなれない。

右手を使うという行為だけで右腕に激痛が走るので、
家事全般も料理も左手だけでこなさざるを得ないので、
時間をかけて、家事をこなしているが、
同年齢の古くからの友人に脳血管障害で右半身がまったく利かなくなった人がいて、
少しだけ、彼女の不自由さと気持ちが判ったような気がした。

体のあちこちのパーツが徐々に、
また緩慢に壊れていくのが老いの現象だと思ってきたけれど、
或る日突然に体のパーツに異常をきたすこともある。

そして、何の前触れも兆候も無しに
日突然死に至ることもあるかもしれないと思った。
(むしろ、私はそのような形での死を望んではいるが・・できれば百歳で(^^♪)


幸い命に別条のある病気ではないが、たかが腕一本と言えど、
常に己の肉体の痛みを感じながらでは、
心に余裕が持てなくて、他者を思い遣ることや、
優しい気持ちで接することなどできないことも知った。
政治の動きや、原発事故のその後の想い・・
もどこかに吹き飛んでしまっている。
つまり、腕の痛みにしか神経が集中しなくなっている状態なのである。


この更新も少ない泡沫ブログに来てくださる数少ないご奇特な皆様は
多分シニア世代の方々だと思うけれど、
毎日長時間パソコンで遊ぶ人もいらっしゃるかもしれない。
他人事と思っていた四十肩に私も罹患した。
私のように四十肩にならないように、皆様も気をつけなはれや・・
とにかく痛いのよ・・・(/_;)
20111025m
ひとつづつ壊れゆくパーツ老いるとはこういうことと処方箋眺む

関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 「生きている」ということ ジャンル : 心と身体

tag : 四十肩 腱鞘炎 マウス病

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ