*All archives* |  *Admin*

「征け、戦へ、死ね」戦時の校長祝辞「死ね」に慄然。「時の権力が戦争のために真っ先に狙うのは教育の管理統制ではないのか。異常が異常と感じられないところまで、戦争は人間的な感性と教育のありようを歪めていた」
img005.jpg
Remember311919

「征け、戦へ、死ね」戦時の校長祝辞「死ね」に慄然。「時の権力が戦争のために真っ先に狙うのは教育の管理統制ではないのか。異常が異常と感じられないところまで、戦争は人間的な感性と教育のありようを歪めていた」作家:早乙女勝元氏。 https://t.co/elINTruTH3
08-17 17:37

【日刊SPA!】「狭くてマグロが切れない!」築地市場の豊洲移転で仲卸業者たちが悲鳴 https://t.co/3Aqd8yyRKF @weekly_SPA さんから
08-17 00:00

RT @shibayama_JCP: 【 金が金を産む幻想 】金利による所得、これを全て否定するものではありませんが経済史を紐解けば、これにより経済混乱(恐慌)や革命や戦争が引き起こされたことが多々あります。生産活動ではないギャンブルは敗者を前提にしたビジネスですhttps…
08-17 17:14

RT @ori2051: 【今日の一言】特攻 美しくない: 上官は出撃しない。上官に目をかけられている者は指名されなかった。https://t.co/ch7vPTFQPIそして、特攻を発案したもの、認可したもの、特攻隊を指揮したもの、、、このほぼ全員が戦後逃げて生き延びま…
08-17 17:14

RT @hiromi19610226: 核の先制攻撃はしないと世界に宣言するアメリカ様、それは困りますオマエ、6日にヒロシマで「核兵器のない世界」とか言ってなかったっけ? https://t.co/g7GQKS66xj
08-17 17:15

アベ政権「短絡的な真夏の見ザル、言わザル、着飾ル」国民「覚めることのない真夏の夜の悪夢」 https://t.co/B0VRyyW3ee
08-17 17:22

RT @jcpnagasaki: 被爆者の声も、「核兵器はむごすぎる」という世界中の声も、安倍首相には全く聞こえないのでしょう。「核兵器廃絶の先頭に立つ」と口先では言いながら、アメリカが核兵器の先制不使用宣言することに反対する。情けなくて涙が出ます。 https://t.co/
08-17 17:24

障害者殺傷 社会が賛同するはずだった…| NHKニュース https://t.co/Cy0JK2eU88
08-17 17:28

RT @izfan51: 築地市場を初視察した小池都知事。選挙期間中は笑顔で市場関係者と握手したのに、当選後は近づくことも許されない。 https://t.co/McGh9yWt7F
08-17 23:29

RT @masaru_kaneko: 検察審査会が「不起訴不当」と議決した甘利氏の元秘書2人も、東京地検特捜部は再び不起訴処分と発表した。では甘利氏側が受け取った1300万円は一体何だったのか。大臣室で50万円現金授受でもOK。権力には徹底的に甘く、一般人には厳罰主義。http…
08-17 23:30

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



RT @die1248: @kakaa30791135 @Remember311919 阿久津先生が仰ってますからね。日本はこんな国だす。 https://t.co/ylCeOiMy8R
08-17 23:50

RT @die1248: @kakaa30791135 @Remember311919 その証拠品 https://t.co/g01C9mDwvB
08-17 23:50

RT @PeriKazuko: @Remember311919 早乙女氏より年上ですが、同じ教育を受けました。当時、軍国少女だった北村小夜さんの「戦争は教室から始まる」のとおりです。アベ総理は一次政権で教育基本法を改悪しました。北村さんはつくる会系の教科書(育鵬社など)を採択し…
08-17 23:52

関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
にほんブログ村
人気ブログランキング
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、六十路.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ